yomogi83一覧

よもぎの効能まとめ

抗菌・温熱作用による血液循環・浄化・止血殺菌 ・整腸・新陳代謝促進作用 ・手荒れ、肌荒れ、湿疹等の体質改善 ・冷え性・肩こり緩和・疲労回復 ・老廃物を分解排出する臓器機能強化 ・気管支炎などによる咳を止める効果 ・他、保湿、アトピー効果

よもぎの効能その2

食物繊維はほうれん草の約10倍 ヨモギに豊富に含まれている不溶性食物繊維は便秘の解消や痔の予防の他にダイエット効果などもあります。また有害な物質を吸着し体外に排出働きもあります。

よもぎの効能その1

よもぎは『ハーブの女王』と呼ばれるほど、その効果は絶大で、飲んで良し、付けて良し、浸かって良し、嗅いで良し、燃やして良しの五拍子揃った薬草です。 特によもぎに含まれるクロロフィルと言う成分は食物繊維の5000分の1の大きさで、小腸絨毛の奥に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属を取り除いてくれます。

よもぎの歴史

よもぎの生命力は素晴らしく、踏み潰されたり、ちぎられたとしても日当たりさえ良ければどんな荒地での繁殖します。 その生命力にあやかる 昔の人々はまず、ヨモギの優れた生命力に注目し、食べ始めたと思われます。そして、食べたり煎じて飲むことにより、いろいろな効能が確かめられ、伝えられてきたのです。

よもぎの由来

よもぎは学名をアルテミシア属と言い、ギリシャ神話で女性とその健康の守護神と謳われた女神アルテミスの名からとったものです。生命力が非常に高く名前の由来にも驚くべき生命力で四方によく繁殖するので「四方草」、よく萌えでる草から「善萌草」、よく燃える草の「善燃草」であるといわれるほどです。

よもぎとは

よもぎはキク科ヨモギ属の多年草に分類されています。 世界ではおよそ950属2万種、日本では約70属360種のキク科植物が知られています。 代表的なキク科にヒマワリやタンポポまた、レタスやゴボウなどもキク科に入ります。

高見川

東吉野村 高見川 四季折々、美しい表情を見せる深吉野の自然。 心落ち着ける癒しの里、東吉野村に流れる清流 高見川。 注)スタートボタンを押すと、高見川の清流の音が出ます 東吉野村に流れる清流 高見川。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク